滋賀県彦根署は18日、彦根市の女性(78)が金融庁職員を名乗る男にキャッシュカード2枚をだまし取られ、計400万円を引き出されたと発表した。特殊詐欺事件として捜査している。

 同署によると14日午後3時ごろ、警察官を名乗る男から女性宅に「奥さんのキャッシュカードが危ない。職員をそちらにやる」との電話があった。通話中に金融庁職員を名乗る男が訪れ、持参した封筒にカード2枚を入れたが、女性がその場を離れたすきに別の封筒とすり替えられていたという。17日に二つの口座から400万円が引き出されていた。