京都府警本部

京都府警本部

 京都府警は6日、本部庁舎(京都市上京区)の移転に伴う引っ越し作業中、機動捜査隊の小型金庫が誤って廃棄され、金庫に入っていた捜査費約20万円を紛失したと発表した。

 府警によると、9月14日に機捜隊が旧別館から新庁舎に移転する際、同隊の50代の男性警部補が廃棄処分するロッカーに入っていた金庫を取り出すのが遅れ、引っ越し業者がロッカーを搬出した。同日中に京都市南区のリサイクル業者がロッカーごと金庫を破砕処分したとみられるという。

 捜査費は国と京都府が支出している。流用された形跡はないといい、警部補らが私費で全額を弁済した。府警会計課は「公金である捜査費の管理を徹底する」としている。