レーザーの研究施設を紹介する「バーチャル宇治キャンパス公開」の動画

レーザーの研究施設を紹介する「バーチャル宇治キャンパス公開」の動画

 京都大宇治キャンパス(宇治市五ケ庄)が、同キャンパスの研究施設や歴史を紹介する「バーチャル宇治キャンパス公開」の特設サイトをつくった。最先端の実験設備や在籍する研究者を動画などで紹介し、創設当初のキャンパスの写真を掲載している。

 毎年この時期の一般公開では親子連れや地域住民が実験室などの見学に訪れているが、今年は新型コロナウイルスの感染防止のため、初めてインターネット上で実施する。動画では、自由な波長でレーザーを発生させられる「自由電子レーザー施設」を初公開したほか、地震の揺れや土砂崩れを再現する設備での実験風景なども収録した。

 研究者を紹介するページでは、約290人が「高校生の大学選びに役立てて」と、エネルギー工学や防災など自身の研究テーマについて分かりやすい文章で説明している。このほか、1950~60年代に撮られた実験室や学生寮の写真や、同キャンパス周辺の航空写真など約70枚も見られる。京大宇治キャンパスは「科学好きの高校生や地域の人に楽しんでもらいたい」とする。11月14日まで公開する予定。