京都市内を広く覆ったうろこ雲が秋の深まりを告げる(7日午前9時31分、京都市中京区・京都新聞社から東を望む)

京都市内を広く覆ったうろこ雲が秋の深まりを告げる(7日午前9時31分、京都市中京区・京都新聞社から東を望む)

 京都市内は7日朝、最低気温が平年を1・5度下回る14・2度となり、今秋最も冷え込んだ。京田辺市は10・7度、南丹市美山町は8・5度で、いずれも今季最低を記録した。

 肌寒い朝を迎えた京都市内の空にはうろこ雲が広がり、秋の深まりを告げるように青と白の美しいコントラストを描いた。

 京都地方気象台によると今後の天気は下り坂で、台風の影響と前線の活発化で9日から11日にかけて大雨のおそれがあるとして、注意を呼びかけている。