滋賀県警近江八幡署

滋賀県警近江八幡署

 次男の足をつかんで引きずってけがを負わせたとして、滋賀県警近江八幡署は15日、傷害の疑いで、近江八幡市の会社員の男(34)を逮捕した。

 逮捕容疑は、11日午後11時ごろ、自宅に隣接する両親宅の玄関で、次男(5)の片足をつかんで転倒させた後、外まで引きずりだして、右腰と左足を打撲する軽傷を負わせた疑い。

 同署によると、15日に市から通報があった、という。