9月からHomecomingsの新曲『PEDAL』がすき家のTVCMで使用されている。ぼうっとテレビを流しているだけでも結構な頻度で遭遇するので、もしかしたらもう見ていただいた方もいるかもしれない。なにげない日常の中に急に自分たちの曲が流れてくると、嬉(うれ)しいような照れくさいような不思議な気持ちになってしまい、いつまでも慣れることがなさそうだ。慣れなくていいとも思っているのだけど。

 もしかしたらピンときた人もいるかもしれないけれど、タイトルのPEDALというのは京都に住んでいた頃にずっとお世話になっていた美容院の名前からとっている。普段の散髪だけではなく、ライブでヘアメークをお願いしたり、京都新聞のCMの撮影でもお邪魔したりもした。

 三条会商店街を自転車で散髪にいく時のワクワクした気持ちを曲にしていて、「晴れた日を編むように通りを駆けていく」というラインは、京都の碁盤の目の通りをあっちに行ったりこっちに行ったりしながら自転車をこぐ気持ちの良い昼間のことを歌っている。

 京都の街には恋しいものがたくさんあるけれど、あのまっすぐな通りに特別な思い出がたくさんあって、いつでも僕の心のなかでいろんな場所へとつながっているような気がするのだ。