京都地方気象台

京都地方気象台

 京都地方気象台によると、8日午前段階の予報では、台風14号は10日昼~夕方にかけて京都府に最接近するとみられる。9日~11日にかけて雨が長引き、警報級の雨量になって土砂災害の危険性が高まる可能性がある。進路が予報円の中心より北寄りを通った場合は、京都府も暴風域に入るおそれがあるという。

 台風は8日午前9時時点で、奄美大島の東の海上を北に進んでいる。日本列島付近には秋雨前線が停滞しており、近畿地方では台風接近前の9日から雨が降り始め、11日にかけて大雨が続くとみられる。 

 大阪管区気象台によると、8日午前6時~10日午前6時までの48時間雨量は、多いところで近畿南部420ミリ~320ミリ、近畿中部230~180ミリ、近畿北部210~160ミリと予想され、その後も雨量は増える見通し。土中の水分量が高まるため、土砂災害に警戒が必要になるという。

 また、風も強まり、10日の最大瞬間風速は、近畿南部30~40メートル、近畿中部25~35メートル、近畿北部20~25メートルと予想される。京都地方気象台によると、予報円の中心を通れば京都府は暴風域に入らないが、北寄りのコースを通れば暴風域に入り、暴風警報を発表する可能性があるという。