京都地方気象台

京都地方気象台

 京都・彦根の両地方気象台は8日午後5時すぎ、台風14号は10日午後に京都府と滋賀県に最接近するとした予報を発表し、大雨による土砂災害や強風への警戒を呼びかけた。台風が予報円の北寄りを通った場合、京都・滋賀とも暴風域に入る可能性があるという。

 大阪管区気象台によると8日午後5時段階の予報で、台風の最接近は京都府が10日午後4時ごろ、滋賀県が10日午後5時ごろとみられる。9~10日に台風本体の雨雲や秋雨前線の影響で雨が強まる。雨の時間が長いため、土砂災害や浸水害に十分な注意が必要という。

 10日午後6時までに予想される48時間雨量は、多いところで府南部200~150ミリ、府北部180~130ミリ、県南部260~160ミリ、県北部250~150ミリ。

 風も9~10日に強まり、最大瞬間風速は京都府25メートル(海上30メートル)、滋賀県25メートル(琵琶湖35メートル)と予想。予報円の中心を通った場合、京都・滋賀は暴風域に入らない見通しだが、北寄りのコースを通った場合は暴風域に入り、さらに強い風が吹くおそれがあるという。

 台風接近を受け、JR東海は東海道新幹線の東京ー新大阪間で10日、計画運休や減便の可能性があると発表している。