京都地方気象台

京都地方気象台

 京都・彦根の両地方気象台は9日朝、台風14号の京都府と滋賀県への最接近は10日朝~昼前になるとみられるとした予報を発表した。8日夕方段階では最接近を10日午後としていたが、やや早まった。9日夜から10日にかけて大雨による土砂災害や浸水害、強風への警戒を呼びかけている。

 台風14号は9日午前6時現在、四国の足摺岬の南270キロを北上しており、今後は本州南岸付近を北東に進むとみられる。進路が予報円の北寄りを通った場合は、京都府と滋賀県も暴風域に入る可能性がある。

 10日にかけて雨が強まり、11日午前6時までの48時間に多いところで、京都府南部200~150ミリ、府北部180~130ミリ、滋賀県南部220~170ミリ、県北部200~150ミリの雨を予想しており、大雨警報の可能性もあるという。

 また、9日~10日は京都府・滋賀県とも最大瞬間風速25メートル(琵琶湖は30メートル)の強い風になる恐れがあるという。