保存修復を終えて初展示されている毘沙門天立像(京都市東山区・六道珍皇寺)

保存修復を終えて初展示されている毘沙門天立像(京都市東山区・六道珍皇寺)

 京都市東山区の六道珍皇寺で、空海(弘法大師)作と伝わる毘沙門天立像を初公開している。腰部の重厚な肉付きや憤怒の顔の浅い彫りに平安期の仏像の特徴があるといい、躍動感ある勇ましい姿を間近に拝観できる。

 高さ約98センチのヒノキ製で10年ほど前に宝物の悉皆(しっかい)調査を行った際に見つかった。当時から虫食いが激しく、昨年春から1年間かけて保存修復を行ってきた。

 左手に宝棒を持ち足の下に邪鬼を踏みつけた姿は勇ましく、坂井田良宏住職は「顔や肩の一部に補修の跡もあり、何度も修復しながら大切にされてきたことが伝わってくる」と話している。

 展示は、京都古文化保存協会などが主催する「京都非公開文化財特別公開」の一環。本堂では日本画家中島潔さんが描いた「地獄心音図」も展示している。11月29日まで。11月10、11日は拝観休止。有料。