甲賀市役所

甲賀市役所

 滋賀県甲賀市選挙管理委員会は9日、2年前に転居してきた市内在住者の公民権を誤って約2年間停止していたと発表した。滋賀県外の自治体から誤った通知が送られ、市が確認を怠ったためという。

 市によると、11日告示、18日投開票の市長選と市議補選で、2018年7月に受理していた公民権停止の解除を伝える通知がこなかったため、通知してきた自治体に確認。同自治体が通知自体の誤りを認めた。市民は19年4月の滋賀県議選と同7月の参院選の投票機会を失ったという。

 市は、誤って通知した自治体を「報道されたら困るとされた」という理由で公表しなかった。