【資料写真】2014年、宇治川の増水で立ち入り禁止となった府立宇治公園。下流側(写真左)の一部が水没していた(2014年8月、京都府宇治市宇治)

【資料写真】2014年、宇治川の増水で立ち入り禁止となった府立宇治公園。下流側(写真左)の一部が水没していた(2014年8月、京都府宇治市宇治)

 台風14号による大雨の影響で、京都府山城北土木事務所は10日正午から、宇治市の府立宇治公園(塔の島・橘島)を立ち入りを禁止する。宇治川上流の雨量が多くなり、天ケ瀬ダムの放流量を増やすことで、宇治川の水位が上昇するため。公園内は冠水の可能性があり、危険な状態になるという。

 宇治川の水位は高い状態が続くため、立ち入り禁止解除は少なくとも11日以降になるとみられる。

 宇治公園は今年7月の大雨でも、天ケ瀬ダムの放流量増加のため、7月7日~25日まで立ち入り禁止となった。