スポーツや交通事故で脊髄が傷つくと、背骨の中を通る神経が働かなくなり、体が動かなくなってしまう。

 そんな脊髄損傷の患者は国内に10万人以上いるとされるのに、今のところ根本的な治療法がなく、リハビリによって残る機能を回復させるしかない。

 慶応大が人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って治療する世界初の臨床研究計画を立て、厚生労働省の専門部会に了承された。今年の秋から治療を希望する患者を募り、実施する方針だ。

 患者にとって、朗報となるような成果を期待したい。

 最近の研究では、神経の損傷から数週間以内の比較的早期に、神経のもとになる細胞をつくって移植すると、治療効果のあることが分かっている。慶応大のグループは、サルなどを使った動物実験で歩行能力を回復させた。

 計画によると、運動機能や手足などの感覚を失う負傷をして、2~4週間しか経過していない18歳以上の4人に、iPS細胞を移植する。

 用いるのは、京都大の備蓄する細胞からできたものである。

 移植する数は、将来的には十分な効果を得るため、1千万個まで増やす考えだが、今回は約200万個にとどめ、安全性を確認しながら治療するという。

 初めての試みだけに、慎重に進めることが大事である。副作用があったり、細胞が異常に増えたりしないか、特に注意を払ってもらいたい。

 次の段階では、大半を占める慢性期の患者に対する治療法を、確立すべきだろう。

 グループは、マウスにiPS細胞を使った実験で、負傷から時間が経過した損傷を治すことに、成功している。人への応用が望まれそうだ。

 ただ、過度な期待は、成果が乏しいと、大きな落胆をもたらす。静かに見守った方がよい。

 iPS細胞を使った再生医療の臨床研究は、理化学研究所が2014年、目の病気の患者に対して実施したのが最初である。以来、京都大がパーキンソン病患者の治験を始めるなどしており、今回は国内で5種類目となる。

 国は積極的に研究予算を投入しているものの、今後、より多くの患者に普及させていく段階になると、細胞を大量につくり、コストを下げる必要がある。産官を巻き込んだサポート態勢の構築にも、しっかり取り組みたい。