京都府立鳥羽高(京都市南区)は21日、今月15日にグローバル科で実施した前期選抜入試で、問題文を誤記するミスがあったと発表した。合否判定に影響はなかった。

 緊急地震速報と実際の揺れの関係を問う問題文で、「緊急地震速報発表」と記すべき2カ所で「地震発生」と誤記していた。配点は合計4点で、受験者80人全員に加点した。

 教員が採点時にミスに気付いた。問題作成時は校内で最終点検しているが、チェックできなかったという。同高は「ご迷惑をおかけし、申し訳ありません」と謝罪した。