京都大医学部付属病院

京都大医学部付属病院

 京都大医学部付属病院などのグループは21日、中途失明の原因となる難病「網膜色素変性」の患者に既存の薬剤を服用してもらい、病気の進行を遅らせることができるかどうかを確かめる治験を3月1日から始めると発表した。

 網膜色素変性では網膜内の視細胞が減り、視野が狭くなったり視力が低下したりする。国内に約3万人患者がいるとされ、根本的治療法は見つかっていない。

 治験は患者70人が対象。薬剤は既に肝硬変の治療などで使われており、細胞を元気にする3種類の必須アミノ酸を含む。薬剤を飲むグループと、薬剤に見立てた顆粒(かりゅう)(偽薬)を飲むグループとに分け、1年半服用してもらう。その間、視野検査などを行い、効果を検証する。

 京大病院の池田華子准教授や京大医学研究科の長谷川智子研究員らのグループが、マウスを使った実験で効果を確認するなど準備を重ねてきた。池田准教授は「将来的に保険適用されて患者さんに治療薬を届けられるよう目指したい」としている。