今季一番の冷え込みの中、朝日を浴びながら体操する人たち(18日午前6時半、京都市北区・北山大橋付近の鴨川河川敷)

今季一番の冷え込みの中、朝日を浴びながら体操する人たち(18日午前6時半、京都市北区・北山大橋付近の鴨川河川敷)

 前日までの雨が上がり、よく晴れた18日朝、京都市内は朝の最低気温が9・8度まで下がり、この秋初めて10度を下回る11月上旬並みの冷え込みとなった。

 気象庁によると、各地の18日朝の最低気温は、京都府南丹市美山町で8・7度、滋賀県長浜市で6・9度まで下がった。

 京都市北区の鴨川河川敷では、芝生に朝露が降り、ラジオ体操をする人たちが「今朝は冷えますね」などと会話を交わしながら、秋冷の肌寒さを感じていた。

 最低気温が8度を下回ると、イロハカエデが色づき始めるとされ、京都や滋賀も山間部から錦秋の訪れが始まりそうだ。