ホームドアの前でしっかり停車する地下鉄烏丸線。運転士の腕で止めている(京都市中京区・烏丸御池)

ホームドアの前でしっかり停車する地下鉄烏丸線。運転士の腕で止めている(京都市中京区・烏丸御池)

烏丸御池駅の先頭部分に貼られた目盛り

烏丸御池駅の先頭部分に貼られた目盛り

 京都市営地下鉄烏丸線の烏丸御池駅で電車を待つと、転落防止用のホームドア前でピタリと止まる。自動で停車しているのかと思いきや、実は「運転士の腕」で止めているのだ。

 全17駅でホームドアのある東西線は1997年の開業から、車両にATO(自動列車運転装置)が装備され、発進から停車まで自動運転される。手動だと停車位置がずれる恐れがあり、ダイヤが乱れるためだ。全国的にもホームドアとATOはセットで整備するのが通例となっている。

 一方、81年開業の烏丸線では長らくホームドアはなく、2011年に国から設置を求められた。交通局は悩んだ。ATOを導入すれば100億円近い費用が掛かる。多額の借金を抱える局にそんな余裕はない。「運転士に頑張ってもらおう」ということになり、ATOなしで14~15年、昇降客の多い京都、四条、烏丸御池の3駅に設置された。

 ただ、停車位置から70センチ以上ずれるとドアは開かない。このため、3駅の先頭部分の壁面に目盛りが貼りつけられ、運転士はそれを見て止めている。東西線に比べ負担は大きいが、同局は「『自動運転は物足りない』と言って、烏丸線を希望する運転士も少なくない」。

 経営難を運転技術で乗り切ろうと生まれた烏丸線のホームドア。利用客のみなさんも正確に停車した際には、心の中で拍手を送ってください。