【北京共同】中国外務省の趙立堅副報道局長は18日、菅義偉首相らが靖国神社の秋季例大祭に合わせて「真榊」を奉納したことに関し「侵略の歴史を正視し、反省することを促したい」と批判する談話を発表した。