7月30日、ベラルーシの首都ミンスクで大統領選の選挙運動を行う(左から)ツェプカロ氏、チハノフスカヤ氏、コレスニコワ氏(タス=共同)

 7月30日、ベラルーシの首都ミンスクで大統領選の選挙運動を行う(左から)ツェプカロ氏、チハノフスカヤ氏、コレスニコワ氏(タス=共同)

 【モスクワ共同】ノルウェー・キリスト教民主党のトスケダル議員は18日までに、来年のノーベル平和賞候補として、ベラルーシ大統領選で2位と発表された候補チハノフスカヤ氏ら反政権派の象徴となった女性3人を推薦したと明らかにした。ノルウェー紙の報道をタス通信が伝えた。

 ほかに推薦されたのは、再選挙を求める反政権派「調整協議会」の幹部メンバーのコレスニコワ氏と、夫が出馬を認められなかったツェプカロ氏。3人は選挙戦で共闘していた。

 トスケダル氏は推薦理由として、3人が受賞すれば、ベラルーシのルカシェンコ大統領に反対するデモへの関心が一層高まることになると説明した。