黒川さんが収穫した「7本足」のダイコン(城陽市役所)

黒川さんが収穫した「7本足」のダイコン(城陽市役所)

 京都府城陽市で、家庭用にダイコンを栽培している男性が、「7本足」のダイコンを収穫した。過去に「5本足」はあったが、「こんなのは見たことない。抜いてびっくりした」と話している。

 同市寺田の黒川佳一さん(71)。水主にある畑に昨年10月末ごろに種をまき、今月、約50本を収穫した中にあった。長さ35センチ、「胴」の部分の直径は最大7センチほどで、「足」は大きな5本が手袋のように枝分かれし、別の2本が小さく飛び出ている。

 黒川さんは「今冬は暖かく、ダイコンがよく太った。その影響もあるのでは」とする。市役所西庁舎2階の秘書広報課・広報広聴係窓口で、22日夕方ごろまで見られる。