押収されたうがい薬(福知山市堀・福知山署)

押収されたうがい薬(福知山市堀・福知山署)

 新型コロナウイルスの感染拡大防止に効果があるとされて品薄になったうがい薬をインターネットのショッピングサイトで無許可で転売したとして、京都府警福知山署は20日、医薬品医療機器法違反(無許可販売)の疑いで、岡山市中区、ネットショップ経営の男(55)を逮捕した。同署によると、うがい薬の転売による逮捕は全国初という。

 逮捕容疑は9月4~7日の間、自ら運営するサイトにうがい薬を出品し、店頭価格の5~6倍の値段をつけ、京都市伏見区の男性ら20代~70代の4人に計6個を2万6180円で販売した疑い。

 8月、大阪府知事らがポビドンヨードを含むうがい薬が新型コロナの感染防止に期待できると発言したことで品薄となったため、男は店舗で購入して転売したといい、「100本ぐらい売った」と供述しているという。