滋賀県

滋賀県

 18日から19日にかけ、滋賀県米原市や守山市で、切断された猫の死骸が相次いで見つかった。滋賀県警米原署と守山署が動物愛護法違反の疑いで調べている。

 18日午前6時半ごろ、米原市顔戸の民家の玄関先で、猫1匹の胴体上部、後ろ足2本、尾があるのを、家人が見つけた。また19日午後1時20分ごろ、守山市木浜町の湖周道路脇の歩道で、頭部、内臓、右前足がない猫1匹を通行人が見つけた。いずれも刃物のようなもので切断されていたという。

 滋賀県内では2019年以降、大津市、彦根市、東近江市、長浜市、守山市、近江八幡市、甲良町で、今回の事件以外に、少なくとも10匹以上の切断された猫やウサギの死骸が見つかっている。