同志社大学(京都市上京区)

同志社大学(京都市上京区)

 新型コロナウイルス対策で国が支給する持続化給付金をだまし取ったとされる事件で、京都府警捜査2課と北署などは21日、詐欺の疑いで、同志社大2年の20代の男子学生ら2人を新たに逮捕した。

 府警によると、男子学生は詐欺グループの勧誘役とみられ、学内のサークル活動などを通じて知人に虚偽申請を持ち掛けていたという。

 男子学生の逮捕容疑は6月、知人の女子大学生ら2人がコロナの影響で収入が半減した個人事業主だと装い、インターネットで中小企業庁に虚偽申請をして、給付金200万円を詐取した疑い。一連の事件で、京都府警はこれまでに指南役の男ら4人を逮捕している。