京都府警本部

京都府警本部

 同居していた交際相手の女性を殴ったとして、下鴨署は22日、傷害の疑いで、京都府立高非常勤講師の男(31)=京都市左京区=を逮捕した。

 逮捕容疑は13~14日、同居する左京区の中国人留学生の女性(23)のアパート一室で、女性の顔などを複数回にわたって殴り、顔面打撲などの軽傷を負わせた疑い。「違います」と容疑を否認しているという。

 下鴨署や府教委によると、男は府立高2校で非常勤講師を務め、女性とは約2年前から同居していた。女性は日常的に暴行を受けていたとみられ、「食事やトイレを1日1回に制限されたり、無断外出を禁止されたりしていた」と説明しているという。

 同署の説明では、女性は14日夕、男の隙を見て逃げ出し、「彼氏から暴行を受けた」と近くの交番に助けを求めた。顔が腫れ上がった状態だった。

 府教委は「事実関係を確認し、厳正に対処したい」としている。