【写真】スプリングスひよし

【写真】スプリングスひよし

 京都府南丹市日吉町を流れる深山川と田原川で重油が流出したことが21日に分かり、市は同日から取水制限を始めた。市は住民に節水を呼びかけ、道の駅「スプリングスひよし」は22日から温泉とプールの営業を休止している。

 市や府によると、21日午前に田原川で油膜が見つかった。同町田原の深山川近くに置かれていた重油タンクが老朽化で倒れ、約100リットルが流れ出した。人体への被害は確認されていないというが、油臭があるため、取水を制限。市は断水などに備えて、市役所日吉支所や市日吉興風体育館など計6カ所に無料で使える給水タンクを置いた。

 スプリングスひよしは23日も温泉とプールを休業する。取水制限が解除され次第、再開する方針だが、市は「22日夕の時点で解除の見通しは立っていない」としている。