京都府内の飲食店で使えるプレミアム付き食事券

京都府内の飲食店で使えるプレミアム付き食事券

 購入額の25%が上乗せされる「Go To イート」キャンペーンのプレミアム付き食事券について、京都府の事務局は26日に予定する3回目の予約販売の受け付け開始時間を、正午と午後9時に分割する。京都では過去2回の予約販売が短時間で終了し、買えない人が続出したため受け付け方法を見直す。これまで無制限だった申し込み回数も、1人1回に限定する。

 京都GoToイート事務局が23日発表した。京都では7日に先行予約分の10万冊を売り出したところ、約5時間で完売。食事券の利用が始まった20日には第1期分で用意した20万冊が、わずか40分で売り切れた。いずれも正午からインターネットで受け付けたがアクセスが殺到し、「買えなかった」との声が相次いだ。

 26日から予定する50万冊分の予約は、正午と午後9時からで各25万冊ずつに分け、購入機会を確保する。

 また、従来は受け付け中に何度も申し込みが可能だった仕組みを、1回限りに修正。ただ26日は正午に予約できた人が、午後9時からも申し込める。事務局によると、食事券の買い占めなどは見られず、購入者の9割は京都府内か近隣府県の在住者という。

 京都の食事券は5千円分を1冊4千円で販売し、1回5冊(2万5千円分)まで購入できる。予約は事務局のホームページから申し込む。