先生たちは戸惑っているかもしれない。

 小中学校への携帯電話・スマートフォンの持ち込みを原則禁止した通知を、文部科学省が一転して見直す方向で検討を始めた。

 スマホを持つ子どもが増え、災害時の連絡のために持たせたい保護者の声も少なくない。一方で、学校でスマホを認めると、授業に支障が出かねない。

 ネット社会が急速に進む中で、子どもたちのネットによるいじめや性被害が深刻化している。

 ここは子どものスマホにきちんと向き合い、正しい使い方やリスクを、学校と保護者、そして子どもが一緒に話し合い、ルールを作ることが大切ではないだろうか。その際には、子どもの健全な成長を第一に考えたい。

 昨年の大阪府北部地震や西日本豪雨の時に、子どもと連絡が取れなかった保護者から要望を受け、大阪府教委が小中学校のスマホ持ち込み解禁に方向転換、広島県教委でも公立高校での可否を検討している。こうした動きは各地に広がりそうだ。

 しかし、学校の先生からは「子どもはまだスマホを使いこなせず、ゲーム依存が深刻化しないか」「休み時間に外で遊ばずスマホを触るようでは」と心配する声が聞こえる。

 大阪府教委のスマホ解禁は登下校時のみ。学校でのスマホ管理をどうするのか。子どもの自己管理では心もとなく、学校が預かるのは負担が大きいとの声もある。

 携帯電話・スマホの所有率は小学生で55・5%、中学生は66・7%に上る(2017年内閣府調査)。禁止するだけでは済まないのが時代の流れのようだ。

 まず家庭でのルールが必要だろう。専門家は、スマホを保護者が貸すことにし、子どもと一緒に、使う時間や場所などを考え、約束することを勧めている。

 有害サイトから守るフィルタリングを設定するほか、個人の情報や写真などの扱いにも保護者は目を届かせたい。

 学校でスマホについて授業するのは、持たない子どもがいるので一律にはいかない。4月から正式に認められるデジタル教科書を使えるなら、ネットの利点や危険性を教えるなど、授業を工夫していいのではないか。

 スマホを学校に持ち込むメリット、デメリットをどう考えるか。難しい問題だが、文科省に任せず、それぞれの学校で話し合い、ルールを作るなら実情にあったものにしたい。急ぐ必要はない。