左耳の軟骨が露出するけがを負った男性とクマに押し倒された現場(京都府与謝野町温江)

左耳の軟骨が露出するけがを負った男性とクマに押し倒された現場(京都府与謝野町温江)

被害を受けて設置されたクマの捕獲おり。左上のササ林が被害現場(京都府与謝野町温江)

被害を受けて設置されたクマの捕獲おり。左上のササ林が被害現場(京都府与謝野町温江)

 24日午前7時50分ごろ、京都府与謝野町温江の民家裏で、住人の農業男性(58)がクマに襲われ、左側頭部に全治1週間のけがを負った。町は捕獲おりを設置し、警戒を呼び掛けている。

 男性によると、日課のクリ拾いを終えて家に戻ろうとした際、ササ林から体長約1メートルのクマが出没し、走って向かってきた。あおむけに押し倒され顔を引っかかれたという。男性が火箸で顔をたたき返すと、クマは逃げたという。男性は左耳の周り2カ所を計9針縫ったといい「カキを食べに来ているという話は聞いていたが、まさか襲われるとは」と話していた。

 現場は温江公民館から東に500メートル。町内でのクマの目撃情報は4月以降68件で、例年並みという。