チェーンソーをうならせながら作品を作る渋谷さん(亀岡市曽我部町)

チェーンソーをうならせながら作品を作る渋谷さん(亀岡市曽我部町)

 チェーンソーアート作家の渋谷菜津子さん(33)=神戸市=による彫刻の実演が25日、京都府亀岡市曽我部町重利であった。丸太を大胆かつ繊細に削って動物作品へと生まれ変わらせる技に、観客たちの視線が注がれた。

 山を手入れする地元グループ「重利の山を守る会」が昨年に引き続き、走田(はせだ)神社(余部町)の倒木を作品にするなど亀岡で活躍する渋谷さんを山小屋に招いた。

 約20人が見守るなか、渋谷さんは数種類のチェーンソーをうならせながらスギの丸太に刃を入れた。1作品30分足らずで、来年のえとにちなんだ牛と、リクエストがあったフレンチブルドッグを仕上げた。

 千代川町の男性(83)は「山林の仕事をしていたこともあり、勉強になった」と感心していた。