【資料写真】京都サンガを応援するサポーターら

【資料写真】京都サンガを応援するサポーターら

 サッカーJ2の京都サンガFCは25日、沖縄県のタピック県総ひやごんスタジアムで琉球と対戦し、1-2で逆転負けした。

 サンガは前半開始早々、仙頭の2試合連続ゴールで先制した。その後も川崎のボール奪取からウタカがゴールを狙い、谷内田や上月も積極的にシュートを放った。GK清水も好セーブでピンチを救った。

 だが後半開始早々にスルーパスを通されて失点。さらに右サイドを破られて逆転を許した。飯田が2度目の警告で退場し、攻撃の形をつくれなかった。