24日の開幕戦に向けて意気込みを語るサンガの中田監督(左)と宮吉主将=西京極陸上競技場

24日の開幕戦に向けて意気込みを語るサンガの中田監督(左)と宮吉主将=西京極陸上競技場

 J2京都サンガFCは24日午後2時から、西京極陸上競技場で新潟との開幕戦に挑む。中田新監督の下、過去最低の19位だった昨季の雪辱を期し、J1復帰を目指す。

 J2で9年目のシーズンとなり、クラブ創立25周年の節目を迎える。亀岡市で建設中の府立京都スタジアムが来季から本拠地になるため、西京極で迎える最後の開幕戦となる。

 22日は非公開のトレーニングが西京極で行われ、練習後に記者会見が開かれた。中田監督は「開幕が楽しみでしょうがない状態まで持って来ることができた。また見たいと思ってもらえるサッカーをしたい。そのためにも開幕戦は重要」と語った。

 クラブは積極的な集客活動に取り組み、開幕戦の入場者数は昨季の2倍超となる1万数千人を見込んでいる。主将の宮吉は「今シーズンいいスタートが切れるように、勝利に向かってチーム全員で戦いたい」と決意を示した。