「京都のふゆ酒」飲み比べシリーズ

「京都のふゆ酒」飲み比べシリーズ

 京都の酒造5社による地域共通ブランド「京都のふゆ酒」で飲み比べシリーズが秋冬限定で発売された。府内産米を使って作られた各社自慢の酒で、冬の晩酌にぴったりな味わいに仕上げている。

 商品は、齋藤酒造(京都市伏見区)の「英勲」、招徳酒造(同)の「招徳」、玉乃光酒造(同)の「玉乃光」、北川本家(同)の「富翁」、佐々木酒造(上京区)の「聚楽第(じゅらくだい)」の5銘柄がある。

 瓶の共通ラベルに銘柄名を入れ、各社の清酒を詰めた。しっかりした味わいのひやおろしタイプ。今回は日本酒をソーダで割る飲み方も提案している。

 地域の酒プロデュース事業は、酒類専業卸の泉屋(奈良市)が、CSR(企業の社会的責任)事業の一環で2014年から奈良県の酒で始めた。京都でも恒例企画となって定着し、7年目となった。

 1本500ミリリットル入り、各1078円。京都の酒類小売店やアマゾンのサイトなどで販売している。