中日から3位指名を受け、野球部員から祝福される近江高の土田(彦根市・同高)

中日から3位指名を受け、野球部員から祝福される近江高の土田(彦根市・同高)

 プロ野球のドラフト会議が26日、東京都内で開かれ、近江高(滋賀県彦根市)の土田龍空が中日から3位で指名された。土田は「素直にうれしい。中日はレベルの高い選手ばかり。しっかり練習して追いつき追い越していきたい」と飽くなき向上心を示した。

 高校で屈指の遊撃手として高い評価を受けた。優れた身体能力を生かした身のこなしで、指導する多賀監督も「華がある。普通では捕れないような打球もことごとく捕る」と評価する。守備に注目が集まるが、高校通算打率は4割を超え、50メートル走6秒0と高い走力を誇る。

 滋賀県米原市出身。小学2年で野球を始めた。中学時代は地元の湖北ボーイズで腕を磨き、学校で所属した陸上部では走り高跳びで県大会6位に入賞した。近江高では1年から正遊撃手の座をつかみ、夏の甲子園では8強入りに貢献した。

 自らを「負けず嫌いな性格」と言い、「できなかったことは完璧にしないと気が済まない」と強いこだわりを持つ。今年はプロを見据え春から木製バットに切り替えた。扱いが難しいが「だいぶ慣れてきた」と自信をのぞかせる。「今まで支えてくれた人たちにありがとうと伝えたい。しっかり下積みして活躍したい」と決意を新たにした。