阪神から4位指名を受け、ポーズをとる立命館大の栄枝(京都市北区)

阪神から4位指名を受け、ポーズをとる立命館大の栄枝(京都市北区)

 プロ野球のドラフト会議が26日、東京都内で開かれ、立命館大の栄枝(さかえだ)裕貴捕手は阪神から4位指名を受けた。

 「もう指名されないんじゃないかと思っていた。ほっとした」。立命大の栄枝は会見場で率直に打ち明けた。上位指名選手が毎年生まれるチームでもまれながら、最終学年でようやく正捕手の座をつかんだ。大学の先輩でもある古田敦也さんを意識し、名捕手がプロで残した屈指の盗塁阻止率を目標に掲げつつ、「後輩として、数字を超えたい」。決意は固い。

 入学当初は「プロに入る力はないと思っていた」という。先輩の壁を破れず昨季までは控え。プロで活躍する先輩の東克樹や坂本裕哉(ともにDeNA)らの球を受けて捕球技術を磨き、弱点だった打撃も懸命に取り組んだ。「成長させてもらってありがたい」と仲間に感謝する。

 捕手出身の後藤昇監督は「捕手は人をだますようなところも求められるが、彼は素直でまっすぐ。だからこそ成長できた」と話す。今年は春季リーグが中止となる難しさの中、努力の末に指名をつかんだ。前日に先輩の坂本から「明日は緊張すると思うけど指名を待っておけよ」とメールを受けたという。「試合では絶対に打ちたい」と対戦を心待ちにしている。