喫茶スペースの床に施されたモザイクの作品。干支の動物が円形に配されている(外村さん提供)

喫茶スペースの床に施されたモザイクの作品。干支の動物が円形に配されている(外村さん提供)

 まもなく閉館する京都商工会議所のビル1階に、モザイクで彩られた大理石の床がある。黒の石で干支を描いたシンプルさが特徴で、全国の公共施設やホテルでモザイクを手掛けた洋画家の故矢橋六郎さん(1905~88)の作品として知られる。だが、ビルの閉館後は建物と一緒に取り壊される予定で、愛好家から「モザイクは何百年も生き続ける石の芸術。あっさりと壊してしまうのはあまりにもったいない」との声が上がっている。

 モザイクは、壁面や天井に石やタイルなどの小片を埋め込んで図柄を表す芸術で、古代ローマ帝国の時代から教会などの装飾技法として伝えられてきた。日本では第2次世界大戦後の高度成長期の頃に作られたものが多く、矢橋さんが手掛けた建築物としては、1964年に完成した京商ビルのほか、天井に巨大なモザイク画がある「中日ビル」(1966年、名古屋市)、東京の三島由紀夫邸(1959年)、岐阜県庁舎(1965年)などがある。

 京商ビルのモザイクは、直径5メートルほどの円形で、普段は喫茶スペースのテーブルやいすに遮られて見えづらいものの、干支の動物がバランス良く配されている。北区でモザイク工房を主宰する外村まゆみさん(55)によると、京都でモザイク作品が残されているビルは少なく、「洗練されたデザインで日本の文化を表現した作品は貴重で、ぜひ保存してほしい」と話す。

 全国的には、中日ビルの天井画が全面的に保存される予定のほか、東京の国立競技場にあったモザイク壁画も保存される方向で進んでいるという。だが、京商ビルではモザイクを残す予定はなく、現時点では外村さんが引き取る予定だ。ただ、モザイクは本来は建物と一体になった芸術で、個人的に保存するのではなく新たな活用を考える人と一緒に取り組みたいという。

 「京都で古い建物などがどんどん壊されている今、一つのモザイク作品が直面する危機も知ってほしい」と外村さん。「この作品に新たな場所で光を与えるために力を貸してほしい」と語っている。問い合わせは外村さんの工房「マルモザイコ」075(201)1484。