救命活動で表彰された(左から)佐々木さん、利田さん、馬場さん、山口さん=京都市北区・佛教大

救命活動で表彰された(左から)佐々木さん、利田さん、馬場さん、山口さん=京都市北区・佛教大

 京都市北区の佛教大前で今年8月、心肺停止になった男性に心臓マッサージを施すなど救命活動に貢献したとして、北消防署は、同大学の警備員や職員ら4人を表彰した。

 表彰されたのは、警備員の山口匠洋さん(24)と利田修庸さん(34)、職員で看護師の佐々木裕子さん(59)、会社員馬場和男さん(46)。

 8月18日午後2時すぎ、同大学前の車道で自転車の60代男性が突然倒れた。山口さんと、通行中の馬場さんが気付き、歩道に移動させ、山口さんが胸骨圧迫を行った。無線で連絡を受けた利田さんが119番と大学内の健康相談センターに通報。佐々木さんがAED(自動体外式除細動器)を持って駆けつけ、2回使用すると男性は息を吹き返した。

 年2回以上訓練を受けているという山口さんは「必死だったが、とっさに体が動いた。訓練していてよかった」と話した。北消防署によると、男性はすでに社会復帰している。同署は救命活動に参加したもう一人の女性を探している。