日本三景の3種の蒸しガキセットを買い求める来場者たち(宮津市浜町)[LF]

日本三景の3種の蒸しガキセットを買い求める来場者たち(宮津市浜町)[LF]

 日本三景のカキの食べ比べを楽しむ「冬の宮津満腹祭」が24日、京都府宮津市浜町の道の駅で催された。来場者たちがカキどころの宮島(広島県)や松島(宮城県)産とともに天橋立の天然ガキの味を満喫した。

 宮津まちづくり会議と日本三景観光連絡協議会が2年前から共催している。3カ所の産地の蒸しガキセットを販売するメーンの食べ比べには、多くの人が行列を作り、味の違いを楽しんでいた。

 会場には、3種のカキを入れた「三景カキ汁」やフライ、さつま揚げなどカキ料理が売られ、にぎわった。地元のプリンセス天橋立や宮島観光親善大使、松島キャンペーンレディも日本三景やカキのPRに励んでいた。