認知症の高齢者を保護したとして感謝状を受け取る西山さん(亀岡市安町・亀岡署)

認知症の高齢者を保護したとして感謝状を受け取る西山さん(亀岡市安町・亀岡署)

 道に迷っていた認知症とみられる高齢者を保護したとして、京都府警亀岡署はこのほど、南桑中(亀岡市)の3年西山美海さん(15)に感謝状を贈った。

 西山さんは1日午後6時ごろ、自宅の敷地にいる高齢女性(71)に気付いた。話しかけたが会話がかみ合わず、身元も分からなかったため、近くの交番まで同行。女性は、家族のもとに戻ることができたという。

 川瀨浩史署長から感謝状を手渡された西山さんは「びっくりしたけど、落ち着いてもらえるよう丁寧に話した。無事でよかった」と話した。