武骨。静かな主張

 不要なものを全てそぎ落とし、硬く焼き締めた作品群は、静かな主張と迫力に満ちる。多くの作り手が「希有な人」「追いついた人も追い越せた人もいない」と評する存在。それが彫刻家、辻晉堂(しんどう)(1910~81年)だ。

「沈黙」1957年 鳥取県立博物館蔵

 辻は鳥取県生まれ。33年、日本美術院展で力強い木彫作品を発表した。当初は具象彫刻だったが、次第に抽象に向かい、京都の登り窯で大型の陶彫(陶土で造形し焼成した彫刻)作品を制作、58年にはベネチア・ビエンナーレに出品するなど海外でも評価を得た。

 やきものと彫刻の領域を横断する表現は同時代の陶芸家に影響を与え、京都市立美術大(現・芸術大)の教授として革新的な教育を行った。本展は京都時代の作品を中心に紹介する。

「犬」1956年 米子市美術館蔵
「寒山」1958年 鳥取県立博物館蔵
「東山にて」1962年 個人蔵 写真:渞忠之

 辻のやきものは簡素で、窯の中で作品が壊れないよう、穴を空けたり、平たい形にしたりした。これが作品の抽象化を促し、力強い造形が生まれた。基の形が想像できる「犬」から「沈黙」「寒山」などの大型作品を経て、「東山にて」へ至る頃には、表現も思想も抽象として完成する。

「緑陰讀書」1979年 信州高遠美術館蔵 写真:渞忠之
「カラカサのオバケ」1974年 米子市美術館蔵

 条例で登り窯が使えなくなると、電気釜を用い「緑陰讀(どく)書」のような小ぶりで飄(ひょう)逸な作品を発表した。

 武骨で、整った美しさが見えない作品群は、京都の作り手では異質といえる。だが、突き詰められた造形は他では決して見ることがない。異才が京都に残した足跡をあらためて振り返る好機だ。


【会期】10月31日(土)~11月23日(月・祝)。会期中無休
【開館時間】午前10時~午後7時30分(最終日は午後5時閉館、入館は閉館30分前まで)
【会場】美術館「えき」KYOTO(京都市下京区、ジェイアール京都伊勢丹7階隣接 075・352・1111)
【入館料】一般900円、高・大生700円、小・中生500円。障害者手帳提示の人と同伴者1人は200円引き
【主催】美術館「えき」KYOTO、京都新聞