数多くの名勝負を生んできた京都競馬場(京都市伏見区)が、11月1日の開催を最後に大規模改修に入る。レース休止期間は異例の2年半に及ぶ。今年は新型コロナウイルスの影響で無観客競馬を強いられ、7カ月半ぶりに入場禁止が解かれたばかり。そんな「淀」の地を訪ねると、しばしの別れを惜しむファンの声であふれていた。

 約2年半もの間、レース開催が休止される京都競馬場のスタンド

 「競馬を間近で見ると、やっぱり興奮しますね」。GIレースの秋華賞が行われた18日、女性会社員(30)がパドックとスタンドの間を慌ただしく行き来していた。武豊騎手の大ファンで、2年前から全国の競馬場を巡っているという。 

  新型コロナの影響で、日本中央競馬会(JRA)は2月29日から全てのレースを無観客で実施。10月10日に人数を制限して入場を再開した。

 「うずうずした。観客が少なく、熱気がないのは残念だけど、改修前に来られて良かった」と喜んだ。

直線の攻防を写真に収めようとカメラを構える女性

 場内で飲み物や軽食を販売する島原商店は、1925年に京都競馬場が開設された当初から営業を続ける。入場は再開されたが、1日の売り上げは20分の1に減った。店主の吉田容子さん(59)が思い返すのは、ディープインパクトが三冠を達成した15年前の菊花賞。「13万人を超える人が来場して、場内はファンであふれかえった。コロナさえなければ、今年もあんな一日になったのに」

唐揚げを調理する島原商店の吉田さん。人であふれた15年前の菊花賞を懐かしんだ(25日午前11時50分)

 25日の菊花賞当日、パドックの人混みの中に会社員近(こん)和明さん(50)がいた。89年に故郷の新潟から龍谷大(伏見区)に進学した。以来、競馬好きが高じて淀暮らしを続ける。

パドックを歩く馬をスマートフォンで撮影する近さん(25日午後3時1分)

 近さんがパドックで熱い視線を注いでいたのは、出走馬を率いる誘導馬。かつて、場内イベントで触れたのをきっかけに愛着がわいた。特に思いを寄せる芦毛馬ストラディヴァリオは、2003年生まれの大ベテランで、京都競馬場が改修工事に入るのに合わせて園田競馬場(兵庫県)に移籍する。近さんはこの日、菊花賞出走18頭を堂々と誘導する同馬を見守り、心の中で「お疲れさま」とねぎらった。

菊花賞当日の開門直後、入場する観客はまばらだった(25日午前8時52分)

 11月1日は改修工事前最後のレース開催日。京都競馬場はこの日実施する12レースのうち一つを「栞(しおり)ステークス」と命名した。考案したスタッフは「ファンとの再会の目印に」との思いを込めたという。