ハロウィーン本番を迎え、東京・渋谷のスクランブル交差点を行き交う人たち=31日夜

 ハロウィーン本番を迎え、東京・渋谷のスクランブル交差点を行き交う人たち=31日夜

 ハロウィーン本番を迎え、東京・渋谷のセンター街で仮装を楽しむ人と立ち止まらないよう促す警察官=31日夜

 ハロウィーン本番を迎え、東京・渋谷のセンター街で仮装を楽しむ人と立ち止まらないよう促す警察官=31日夜

 新型コロナウイルスの感染が広がる中、初めてのハロウィーンを迎えた31日、東京都渋谷区の繁華街は夜になって若者らで混雑したが、例年に比べ仮装した人の姿は少なかった。感染拡大防止のため、首都圏の大規模イベントは相次いでオンラインで開かれた。

 渋谷区はクラスター(感染者集団)発生への危機感から来訪を控えるよう訴え、JR渋谷駅前には「今年のハロウィーンは、外出自粛モードで安全に!」と書かれた看板が掲げられた。

 午後7時ごろになると、駅前やセンター街周辺で、人気漫画「鬼滅の刃」のキャラクターに扮したり、メイド服などで仮装したりした若者らの姿が見られるようになった。