チャン・スアン・コン容疑者の自宅アパート前に放置された焼き網など、バーベキューに使ったとみられる用具=10月29日、埼玉県上里町

 チャン・スアン・コン容疑者の自宅アパート前に放置された焼き網など、バーベキューに使ったとみられる用具=10月29日、埼玉県上里町

 埼玉県警は31日、入管難民法違反の疑いで逮捕していた埼玉県上里町のベトナム国籍の男が、自宅で違法に豚を解体した疑いが強まったとして、と畜場法違反の疑いで、11月1日に再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。スマートフォンに豚肉の購入を持ちかけるようなメッセージが残っており、北関東で相次いだ家畜などの盗難に関与した疑いがあるとみて調べる。

 捜査関係者によると、男はチャン・スアン・コン容疑者(29)。7~8月、食肉処理場として許可を得ていない自宅アパートで豚1頭を解体した疑いが持たれている。