前半29分、先制点のシュートを決めるサンガの曽根田(サンガスタジアム京セラ)

前半29分、先制点のシュートを決めるサンガの曽根田(サンガスタジアム京セラ)

 サッカーJ2の京都サンガFCは1日、サンガスタジアム京セラで山形と対戦し、3―0で快勝して2試合ぶりの白星を飾った。2試合ぶりの無失点で、勝ち点を44とした。

 サンガは、最後まで攻守で集中を切らさなかった。前半29分、仙頭の左クロスに遠いサイドから走り込んだ曽根田が合わせて加入後初ゴール。後半8分には、本多の左クロスからウタカが流し込んで今季19ゴール目を挙げ、40分に庄司の豪快なミドルシュートでだめ押しした。GK清水や2試合ぶりに先発したバイスらを中心にゴールを許さなかった。(時間は非公式)