部員が採集したミサキウバウオ(京都府宮津市上司・海洋高)

部員が採集したミサキウバウオ(京都府宮津市上司・海洋高)

 南の海にすむ魚「ミサキウバウオ」を京都府宮津市上司の海洋高マリンバイオ部の生徒らが栗田湾で府内で初めて採集した。横岡和典顧問は「海面水温が上がっており、分布を広げている可能性もある」とみる。部員は知恵を絞りながら飼育を続けている。

 ミサキウバウオは暖かい浅海の岩礁域に生息する魚で体長6センチ程。日本海側では島根県以南に分布するという。福井県高浜町では2017年、原子力発電所の温排水の影響を受けるエリアで見つかっている。

 生徒が10月に学校の桟橋にある海洋生物調査用の魚礁「シェルナース」を引き上げたところ、カサゴやヒトデなどと一緒に入っていた。図鑑などでミサキウバウオと推測し、魚類分類学が専門の鹿児島大大学院生が特定した。

 飼育に関する情報が無く、部員は手探りで飼育している。水温は採集時の25度を維持。特に餌には苦労しており、培養したプランクトンやエビを与えているという。発見者の一人、1年の男子生徒(15)は「見慣れない魚で何だと驚いた。今後も飼育を続けたい」と話している。