実証飛行で使われる水上飛行機(大津市提供)

実証飛行で使われる水上飛行機(大津市提供)

かつて琵琶湖で運航されていた水上飛行機(大津市歴史博物館蔵、谷本勇さん撮影)

かつて琵琶湖で運航されていた水上飛行機(大津市歴史博物館蔵、谷本勇さん撮影)

 大津市は、水上飛行機の復活に向けて11月下旬に実証飛行を行う。琵琶湖では約50年前まで水上飛行機による遊覧飛行が行われており、再び観光資源として生かせるか可能性を探る。

 実証飛行は、広島県尾道市の「せとうちSEAPLANES(シープレーンズ)」の水上飛行機1機で実施する。まず関西国際空港から約25分かけて大津市におの浜4丁目のびわ湖大津プリンスホテル前の桟橋に到着。その後、琵琶湖上空や京都駅周辺などを巡る約30分の遊覧飛行を1日3便運航する。1便あたり乗客6人まで搭乗でき、関係者や招待者を乗せる予定。

 琵琶湖では1961年から72年までの11年間、大津市の浜大津で水上飛行機の遊覧飛行が行われていたが、利用低迷で廃止となった。その後、県内の経済界や県も復活に向けて検討を進めてきたが、河川法や自然公園法、漁業関係者との調整などの課題もあり、実現していなかった。

 佐藤健司市長は「琵琶湖の姿や周辺の山並みが空から見られ、非日常空間として楽しんでもらえる新しいコンテンツになるのではないか。新型コロナウイルスの影響で少人数短時間の移動が求められており、関空から大津への移動手段にもなる」としている。