グリーンパパイアの特産化に取り組む関係者(南丹市八木町八木嶋)

グリーンパパイアの特産化に取り組む関係者(南丹市八木町八木嶋)

 京都府南丹市八木町八木嶋でグリーンパパイアを育てている男性がいる。栄養価が高く、近年、注目されている食べ物だ。休耕地が生かせて、栽培の手間も掛からないため、農家の高齢化が進む地域にぴったりの農産物だと地元自治会も注目。土地の確保などで支援する。男性と自治会関係者は「将来は八木嶋の特産に」と口をそろえ、期待を込める。

 亀岡市篠町の合同会社自然農業なんたん環境村の代表社員横山勝則さん(64)が、ポリフェノールやビタミンを多く含む特徴に着目。今春から八木嶋の休耕地を借り、化学肥料や農薬に頼らず、米ぬかやもみ殻を使って約40本を育てている。

 高さ30センチの苗が半年で2メートルになるなど生育がよく、管理の負担も少ない。味や食感は大根に似ており、サラダや炒め物など幅広い料理に使える。府内での栽培例はほとんどないとみられるという。

 1本に直径約15センチの青い実が20個前後なる。10月から収穫を始め、八幡市の直売所などで1キロ千円で販売。11月末まで収穫作業を続ける。葉は茶に加工して売り出す。

 屋外では冬を越せないため、ハウス栽培と並行して、わらを敷くなどの方法を試し、露地でも越冬できる手法を探す。一冬越えると熟して、フルーツとして味わえる。

 八木嶋自治会が挑戦を支援。土地を貸し、来年以降の栽培拡大につなげる。岩間功会長(69)は「高齢者の仕事を生み、休耕地が価値を持つようになる。多くの人が関心を持ち始めている」と話す。

 横山さんは「アンチエイジングの時代に合う食べ物。ノウハウを共有し、一大産地にしたい」と展望を描く。障害者を雇うなど、農業と福祉の連携も視野に入れる。