冨田容疑者が確保された現場付近。自転車に乗って東進していたという(27日午前10時17分、大津市大江2丁目)

冨田容疑者が確保された現場付近。自転車に乗って東進していたという(27日午前10時17分、大津市大江2丁目)

 広島市の住宅で高齢男性を殺害し、現金を奪ったとして強盗殺人の疑いで逮捕された冨田幸誠容疑者(34)は、鉄道など公共交通機関で移動した後、自転車を盗み東へ向かったとみられる。左手親指の包帯や、自転車に乗った姿など共通した特徴を持つ男が防犯カメラで確認されていた。

 京都府警によると、26日に女性から木津署に「冨田容疑者に似た人物が昨晩、木津川市内のコンビニに来店していた」と通報があった。木津署員がコンビニの防犯カメラを確認したところ、25日午後7時ごろ、左手に包帯のような物を巻き、フードをかぶった冨田容疑者とみられる男が店内にいる様子が映っていた。

 冨田幸誠容疑者(34)が滋賀県警の警察官に確保された大津市大江2丁目の国道1号は、深夜でも他府県ナンバーのトラックなど多くの車が通り、深夜営業の飲食店も多い。

 確保現場近くの女性(76)は、夜中にパトカーのサイレンを聞いたという。「テレビで容疑者が大阪にいたとは聞いていたが、まさか近所まで来ていたとは」と驚いた表情を見せた。近くの50代女性は「途中で自宅などに侵入されていたらと思うと、恐ろしい」と不安そうに話した。

 国道沿いのすし店店主(58)は、普段午前4時半ごろに出勤するといい、「容疑者とはち合わせなくてよかった」と語った。