滋賀県警守山署

滋賀県警守山署

 滋賀県警守山署は5日、野洲市内の派遣社員の男性(41)が日本セキュリティー協会などを名乗る男らに現金150万円と電子マネー130万円分をだまし取られたと発表した。特殊詐欺事件として捜査している。


 同署によると、男性の携帯電話に「ご利用料金の確認がとれていません」などといったメールが9月26日に届いた。記載された番号に電話すると「本日中に支払いされない場合は裁判になります」などと言われ、守山市内の複数のコンビニで電子マネーを購入、券面番号を伝えたほか、指定された場所に現金を送付したという。