滋賀県庁

滋賀県庁

 滋賀県の三日月大造知事は27日の県議会で、2024年に開く滋賀国体(国民スポーツ大会)に合わせて、対戦型コンピューターゲームの腕を競う「eスポーツ」の開催を検討する方針を明らかにした。

 三日月知事は井阪尚司県議(チームしが)の一般質問に対し、「eスポーツは若い世代を中心に人気を集め、大会の認知度や機運を大いに高める」と期待を述べた。

 その上で「年齢や性別、障害の有無にかかわらず参加でき、スポーツへの関心を高めることにもつながる」とし、内容や実施方法などを検討すると答えた。

 eスポーツは「エレクトロニック・スポーツ」の略。今秋の茨城国体では文化行事の一環として、サッカー、パズル、レースの3競技で都道府県対抗の大会が開かれる。