生徒にわいせつな行為をしていたとして男性教諭を処分した京都西山高(向日市寺戸町)

生徒にわいせつな行為をしていたとして男性教諭を処分した京都西山高(向日市寺戸町)

 ソフトボール部員の女子生徒にわいせつな行為をしたとして、京都西山高(京都府向日市)が顧問の教諭(61)を懲戒解雇処分としていたことが5日までに分かった。


 同高によると元教諭は10月19日、部員の女子生徒1人を同市内の自宅へ呼び出し、試合のビデオを見せるなどして指導した帰り際に、生徒の体に触れたり抱きついたりしたという。


 生徒の保護者が同日、学校に知らせ発覚し、同高は元教諭を自宅待機処分とした。ソフト部は24日から開かれた府高校選手権大会に出場し優勝。同高は大会後の11月2日に元教諭の処分を決め、翌日に部員の保護者へ説明を行った。元教諭は「重大なことをした」と反省を述べているという。


 2019年夏には元教諭が部員複数人を自宅に呼んで指導したり、一緒に食事をしたりしていたことに対し、保護者が注意するよう要望しており、同高は口頭で指導していた。
 塩田賢英校長は「大きな責任を感じている。再発防止に努めたい」と話した。


 元教諭は、日本女子ソフトボールリーグ1部のチームで監督経験があり、14年から顧問を務めていた。同高ソフト部は全国高校総体出場25回を数える強豪校。